なぜ

Posted by らじばんだり - 8月 1st, 2014

一般市民の紛争による死を『終わらない紛争・怨恨の燃料』にするかのような、現在のパレスチナ問題の悲惨な現状を、何とかして『双方が殺し合わずに相互的に生存権を認め合う関係』へ近づけていけることを願っているが。

長崎県佐世保市の女子高生殺害事件と加害者の衝動的・暴力的な心理の背景
容疑者の高校一年生の女子生徒が、なぜ親しかったとされる友人の松尾愛和さんを殺したのかの動機は不明だが、それまで大きなトラブルや喧嘩が無かったと推 測されている事から(そもそも険悪な仲であれば自宅にまで遊びに行かないだろう)、浮気調査 長崎加害者生徒の『対象喪失・家族トラブル』に関わる心理状態の変化が関係 している可能性があるのだろう。 15歳の女子高生が『マンションで保護者のいない一人暮らし』というのは常識的に考えれば異常というか奇異な生活形態であり、『全寮制の高校(入寮している生徒)以外の女子高校生の一人暮らし』というのは身近な例ではまず聞いたことがない。
勤労学生もいる定時制・夜間高校であればそういった一人暮らしの生徒がいる可能性もあるが、県内有数の普通科の進学校(加害者は東大志望で成績も それなりに良かったという)で、親がいない一人暮らしのマンションから学校に通っている生徒というのは日本全体でも極めて少ないのではないか。

Comments are closed.

Blog Home