グルタチオン

Posted by らじばんだり - 4月 10th, 2014

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの仲間であるイソチオシアネート類のスルフォラファンという化学物質が、肝臓の持つ解毒酵素の円滑な生産を促進しているかもしれないという新たな真実が判明しました。

アミノ酸のグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を下げたり突然変異を招く人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の内側で解毒し、肝臓のパワーを良くする力が明らかになっているのです。

吐血と喀血はどちらも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血とはのどから肺へと至る気道から血が出ることで、吐血というものは十二指腸よりも上にある消化管から血が出る状態を言い表しているのです。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3つの値によってモニターできますが、ここ最近では肝機能が充分ではない現代人の数が徐々に増えているということが分かっています。

大多数の人に水虫といえば足をイメージし、こと足の裏に現れる皮膚病だと間違えられやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する所は足しかないのではなく、体の様々な部位にうつるという可能性があるので注意してください。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Blog Home