尊大さ

Posted by らじばんだり - 11月 9th, 2014

美味しんぼも他の雁屋作品もそんな一面があります。

電通社員の映像やインタビュー、秋元康のそれらをみて実績に敬意を表しつつもなんか腹が立つのは大衆を煽動しつづけた事によって生じた尊大さが空気になって現れるからだと思います。

その尊大さは、勿論雁屋氏にもあります。

だから、今回の鼻血騒動や赤ちゃんに蜂蜜騒動、虫食い野菜の絶賛みたいな軽率な行動をとってしまいます。

大阪のお母さん達に関しても、俺の作品で取り上げられたら喜ぶ的に引用したら反発されてます。

お母さん達的にベストセラー作品に取り上げられたら困る何かがあったのかは知りませんが、お互いにやり取りすれば良かったとは思います。

美味しんぼについて色々取り上げましたが、放射能の危険を論じる以前に、知名度のある作品の割りにこの作品や作者が持つ特殊性そっちのけで、自分達の主張に都合よく取り上げた人がmixiに沢山いました。

雁屋氏に関しては、色々と調査した人がネットに情報をあげています。

こんな数日間の駄文とは比べられないくらいの、鼻血がかわいかったと思えるくらいの話が出てくるでしょう。

今回の騒動に関して知っておくべき雁屋氏と美味しんぼについて、書く事はやりつくしました。

機会があれば、漫画論や男論のネタにはするかもしれませんが。

アトミックハート美味しんぼ 特別編は続きます。

Comments are closed.

Blog Home