コンビニエンスストア

Posted by らじばんだり - 4月 6th, 2014

一昨日(3月24日)から、住民基本台帳カードを使った公的書類のコンビニ交付サービスが宇宙の中心下野市で始まったので、その利用申込手続きに役場に行く。

市民が住民基本台帳カードを利用し、コンビニエンスストアで「住民票の写し」「印鑑登録証明書」の取得を可能とするサービスが、3月24日(木曜日)開始されました。

このサービスは、市民が市役所の窓口などへ出向くことなく、コンビニ(現在はセブン−イレブンのみ)に設置されたキオスク端末(マルチコピー機)を使って、「住民票の写し」や「印鑑登録証明書」を取得できるようにするものです。
 サービスを利用できるのは午前6時30分から午後11時までの毎日(年末年始を除く)、市内12店舗を含む全国約12,700店舗で、市民が“ユビキタス(いつでも、どこでも)”の利便性を実感できることとなります。

最近の趣味のひとつが、「全国スタンプ」。
郵便貯金通帳と同時の趣味で、全国の役場等で住民票を交付してもらうと言う趣味が、住基カードがあれば(アカ巣窟な東京都国立市と、ある意味犬鳴村な福島県矢祭町以外の)全国で楽しめると言うね。

話を戻して。 今のところは住民票と印鑑証明(将来的には収入証明等の税務関係の公的書類も)が取れると言うので、早速市役所に行って、手続き。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Blog Home