コンスピラシー

Posted by らじばんだり - 10月 5th, 2014

韓国がらみのコリアン達が受けないであろうほどの差別を受けた。
米国政府筋に状 況を伝え、それから半年、大学の学長以下三役が辞職し、

私を目の敵にした教官が懲戒解雇処分となった。 これには、いくつかの要因が影響を与えていた。
「北も南も関係ない」とコリアンたちが感じていること、それ故にコリアン全体が動いたこと、李氏朝 鮮の姫としての立場が知る人ぞ知るものであったこと…などが、コンスピラシーとなるほどの大きな流れを創った。私が李氏朝鮮の姫であったことが、功を奏し た。
コリアン達とは、李氏朝鮮を支えてくれていた人民達の子孫である。
私は、コリアン達を見捨てる訳にはいかない。たとえ、部外者から酷い仕打ちを受けたとしても、李氏朝鮮の姫として、彼等を守るべき時には彼等を守る。どんなにツライ状況であっても、自殺はしない。
だが、言っておく、一度北朝鮮を離れると、韓国がらみの者達よりも、北朝鮮がらみの者達は差別を目の当たりにすることになっている。この北朝鮮の高官の主張は、まことに事実である。

Comments are closed.

Blog Home