本籍地を聞くのは必須

Posted by らじばんだり - 8月 2nd, 2014

例えば住所が東京都だとして、明らかに方言を話す人とか、生まれ故郷が気になる んですけど、そういう時は「出身はどこですか?」は聞いてよいそうです。

でも本籍地はダメ。たぶん、部落差別がど~だとかですけど、ちょっと考え過ぎのよ うな気がします。
ちなみに、おいらが働く中国では本籍地を聞くのは必須です。あと、その本籍も都市戸籍か農民戸籍かと、本籍地から離れている人には居留証という在住許可証を持っているのかも聞かないとダメです。 例えば本籍地じゃないとパスポートの発行とか色々とできないので、一度は基本給3万円の人にパスポート取らせるのに3万円で飛行機チケット用意する羽目になりましたし、しかも「会社の印鑑の陰影が薄いから再提出」と言われて、もう1回飛ばすことになりました。
あと、本籍地じゃないと子供が学校にいけないとか、居留証が無いと社会保険の加入が大変だとか、本籍地じゃなくて居留証もないって言う人は、会社 が居留証の取得や戸籍の変更に協力する必要があるし、しない場合は早期離職の可能性が高いんです。「彼氏いる?」とかよりもよっぽど重要な情報です。

Comments are closed.

Blog Home